画像安定装置がコピーガード信号を除去出来る理由

画像安定装置はDVDやVHSをコピーしたり、ダビングする際に劣化したアナログ映像信号をキレイにする働きをします。

所が、この画像安定装置を通してダビングした場合、ダビングを規制するコピーガード信号も除去される事は、AV関連を趣味としている人の間では、広く知られた事です。

尚この事は、動作上合法ですので、一般家電店でも市販されており、私達が画像安定装置を購入しダイビングする事も違法とはならず安心です。
ではなぜ、この画像安定装置はコピーガード信号を取り除く事が出来るのか説明致します。



まずコピーガード信号が、どこで追加されているのか、別な言い方では、付加されているのかを知る必要があります。

映像信号は元々、電波に乗せて遠くにあるテレビに、送り手の映像そのままを届ける為に考えられており、受け手が同じ映像を組み立てる為のタイミングを計る情報、つまり同期信号を合わせて送っています。
従って、この同期信号が乱れれば、受け手も映像を上手く組み立て出来ず、結果乱れてしまうのです。

この同期信号には後年、違法コピーを排除する目的で、コピー信号が更に付加される事となりました。

例えば、送り手のVHS機から受け手のVHS機にダビングする場合、送り手のVHS機内で同期信号へコピーガード信号が付加され、受け手のVHS機はこのコピーガード信号の内容によって、ダビング可能か不可かの判断をします。
次が、このコピーガード信号が除去される説明です。

画像安定装置情報に関する耳より情報を公開しています。

送り手と受け手の間に配線させる画像安定装置は、映像信号に付加された同期信号と、自身の内部で新たに作った同期信号とを入れ替える動作をします。

産経デジタルに関する疑問にお答えします。

すなわち、この動作によって、後年同期信号に付加される事となったコピー信号も合わせて無くなる為、結果的に受け手のVHS機へは映像信号と新しい同期信号のみが送られる事となり、受け手はコピーガード信号が無い事で、普通に録画動作を行う分けです。