昔のビデオ映像は画像安定装置を使って残す事をお薦め

昔に比べて、デジタルの記録媒体は非常に安くなりました。



個人レベルなら、自分で撮影した写真だけで無く、撮影したビデオ映像でさへHDDに保存して行く事も可能です。所が昔のアナログ放送時代の規格で撮り貯めた、家族の記録映像はどうでしょうか。

運動会などの学校行事、子供の成長記録、旅先で撮影した思い出の映像など、その多くは当時のビデオテープの中に依然として収まっている家庭もあるのではと思います。
所がデジタル放送開始以後、このようなアナログ機材は使われる頻度が急激に減り、これらのテープを再生する機器、すなわち撮影機器やVHSビデオなどは、すでに家に無いか、あっても故障や老朽化で撮影はおろか再生も出来ない状態になっている事が考えられます。

暮らしを豊かにしてくれるYOMIURI ONLINE情報が探せます。

仮に再生しても、各部品の摩耗や劣化などで、その再生される映像はノイズであったり、不安定だったりする可能性もあります。

盗聴発見器についての情報はこちらです。

そこで画像安定装置と言う、VHSやDVDのダビングやコピーの際、映像をキレイにしてくれる装置を利用してみる事をお薦めします。


心配な再生機器については、インターネットを通じて、レンタルしてくれる所を沢山見つける事が出来ます。


そして残しておきたい思い出の映像は、再生機器とパソコンの間に画像安定装置を挿入する形で配線し、映像をキレイにしながら、パソコンへと取り込む事が出来るのです。
尚、アナログ映像をパソコンへ取り込む為のアダプターは、パソコンショップやインターネットで安く購入出来ますから、簡単に可能です。一旦パソコン内のHDDに保存しておけば、画像安定装置によってキレイな映像にした事もあり、今後劣化する事無く、いつでも見る事が出来ますし、必要であればメディアに書き込んで、子供や親戚にも渡す事も出来るのです。