画像安定装置が違法とならない商品である理由

家電量販店などでも購入出来る、画像安定装置と言う商品は、DVDやVHSをコピー、ダビングする際に劣化した映像をキレイにする機能を目的で作られた装置です。所がこの動作の過程において、違法コピー排除の目的で後年追加される事となった、コピーガード信号が除去される為、コピー、ダビングが何枚でも何回でも行える事となり、購入を検討する側にとっては、違法な装置ではないのか?と言う疑念も湧いて来る商品でもあるのです。

マイナビニュースのクチコミ情報を求めています。

そこでまず、はっきりとしておく事として、この画像安定装置が、決してコピーガード信号の除去を目的として開発された商品では無いと言う事にあります。すなわち、映像信号に追加されているコピーガード信号のみを除去しているのであれば、明らかにコピーガード除去装置となってしまいますが、画像安定装置の作られた理由は、全く違う所にあります。それは、冒頭に書いたように、劣化した映像をキレイに残す為に考えられたもので、これは編集の一種の動作をしていると解釈出来る事にあります。
つまり、映像編集の場で行われる、映像からノイズを除去、軽減する作業、ノイズリダクションと見なす事が出来るのです。



また、日本の著作権法には、コピーガードに関して「記録又は送信の方式の変換に伴う技術的な制約による除去又は改変を除く」という例外規定があり、この例外条項に当てはまっているのが、現在の画像安定装置の機能そのものなのです。



よって画像安定装置は、法令に遵守した、違法とならない商品と言えるのです。